jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

NIJI 虹

a0142760_18433852.jpg

香です。
上の写真は、6/28 に見た虹です。
(携帯で撮ったら、薄いです・・見えるでしょうか?)
6/28 は、某牧師の誕生日でもあり、私の母の召天記念日でもあります。
これから、神様が開いてくださる素晴らしいご計画が楽しみです。

この日、教会では、Losのハン代表とグループ全12人を招いての、‘日韓ゴスペルの集い’ がもたれました。ハンさんが、
「兄弟姉妹として、イエス様の愛によって、皆さんを愛することが出来る事を本当に嬉しく思っています。」
と何度も言われていて、私は、神様を信じたばかりの時、どこに行っても、何度も神様に、語られた聖書の言葉を思い出しました。
             『私たちの国籍は天にあります。  - 聖書 - 』

これから、さらに、国境を越えた、神様の大きな働きが始まります。

a0142760_20135956.jpg

  『その方の回りにある輝きのさまは、
  雨の日の雲の間にある虹のようであり、
  それは主の栄光のように見えた。
  私はこれを見て、ひれ伏した。
  そのとき、私は語る者の声を聞いた。
                  - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-30 20:39 | 日記

バナナとオレンジ

a0142760_1916567.jpg香です。
土曜日の夜は、ジョン君と一緒です。
NIJI のリーダーのjohnさんじゃないです。
ジョン君、4歳。特技は、感謝踊りです。
(本人は特技はわからないと言っています。が、
ジョン君は、神様に、感謝をささげて、踊りを
することが出来ます。)

ジョン君のお母さんが神学校でお勉強している間
ジョンくんをお預かりしてます。
今日は、ジョン君に「バナナを切って」と言われて、
いただいたオレンジと一緒に
お気に入りのミッフィーのお皿に並べてみました。

a0142760_19171068.jpg


  『喜びなさい。喜びおどりなさい。
  天においてあなたがたの報いは大きいのだから。 
                    - 聖書 - 』

  『主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。
  その恵みはとこしえまで。     - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-26 19:19 | 日記

シフォンケーキ

a0142760_2024345.jpg香です。
 今日のおやつは、シフォンケーキでした。
 スタッフの方からの差し入れです。
 昨日、‘シフォンケーキが食べたいです。’
 と神様に祈っておいて良かったです。
 いつも祈りを聞いてくださる神様と
 持って来てくださった方に
 心から感謝致します。

 明日は、NIJI の練習の日です。
 もしかしたら、johnさんの作詞した新曲の
 練習が出来るかもしれないので、楽しみです。


a0142760_2093466.jpg


『たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない。」
とあなたをあわれむ主は仰せられる。

                 - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-16 20:14 | 日記

計画

a0142760_2124617.jpg 香です。
 今日、NIJI は、
 ‘ いやしの集い ~ ヒーリングとJゴスペル ~ ’
 に出ました。
 今日、とても強く残ったのは、NIJI のJohnさんも、
 メッセージをされたペテロ窪田牧師も、
 言われた言葉。
  
     「全てのことに偶然はない。」 

 今日のメッセージを聞いても
 また、私のこれまでの人生を振り返っても、
 本当にそうだなぁ、と思いました。  

 時として、私達には、‘なぜ?’と思うようなことも
 許されます。
 しかし、神様は、その、マイナスと思えるようなことさえも、神様の栄光を現すために、
それらが起こることを許しておられます。
このブログをご覧になった方、全ての人が明日、教会へ足を運んでくださいますように。
a0142760_2119248.jpg
明日は、昼間の礼拝と共に、夜、新宿のホテル、
ハイアット リージェンシー東京 地下1階
 で、ゴスペルライブと聖会があります。
 
『すべてのことはあなたがたのためであり、
それは、恵みがますます多くの人々に及んで
感謝が満ちあふれ、神の栄光が現われるように
     なるためです。   - 聖書 -』

『神を愛する人々、
 すなわち、
神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、
私たちは知っています   - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-12 21:34 | ゴスペル

東京のブーゲンビリア

a0142760_17442172.jpg香です。
ブーゲンビリアを見ると、パトモス島を思い出します。会社に行く途中で、ブーゲンビリアの花を見つけました。(写真)

ところで、私達、 NIJI は、この前、新しい曲を練習してみました。
いろんな曲が出来るようになればいいな、と思いますが、神様の計画があります。
いつ、どこで、どの曲を歌うかは、リーダーのjohnさんが祈って、神様に聞いています。
私は、みこころ(神様の計画)の曲を言われたら、いつでも出来るように準備しておけるように、と祈っています。

7月には、‘全国ゴスペルグループコンテスト’ というのがあるのですが、私は今日は、ずっと聞きたいと思っていた九州の予選の賛美(ゴスペル)を聞きながら、仕事をしました。
a0142760_18515872.jpg

 この前、 NIJI で練習した曲の中の1曲に
 『一粒の麦』 という曲がありますが、
 1位の ‘賛美隊主のしもべたち’
  というグループは、この曲を歌っています。
  賛美(ゴスペル)を通して、神様が私達の心に触れられます。九州での予選の音声は、以下から聞けますので、ぜひ、聞いてみてください。
http://users.astone.co.jp/ngs0522/2010sanbi/2010sanbi.html
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-10 18:31 | ゴスペル

12日

a0142760_22433781.jpg 香です。
 今度の土曜日、NIJI は、
   ‘いやしの集い’ に出ます。

 今から約2000年前、イエス様は、
        このように言われました。
『「あなたがたの見ているこれらの物について言えば、石がくずされずに積まれたまま残ることのない日が やって来ます。」 彼らは、イエスに質問して言った。
「先生。それでは、
 これらのことは、いつ起こるのでしょう。
 これらのことが起こるときは、
 どんな前兆があるのでしょう。」
 イエスは言われた。
 「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名のる者が大ぜい現われ、『私がそれだ。』とか
 『時は近づいた。』とか言います。
 そんな人々のあとについて行ってはなりません。
 戦争や暴動のことを聞いても、こわがってはいけません。
 それは、初めに必ず起こることです。だが、終わりは、すぐには来ません。」
 それから、イエスは彼らに言われた。「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、
 大地震があり、方々に疫病やききんが起こり、
 恐ろしいことや天からのすさまじい前兆が現われます。  - 聖書 - 』
 
 『不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。  - 聖書 - 』

私達、NIJI は、イエスキリストの愛、イエスキリストにある希望を歌っています。
a0142760_2248998.jpg 
 
 『この希望は失望に終わることがありません。
  なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
  神の愛が私たちの心に注がれているからです。
                       - 聖書 - 』
  

 いやしの集い ~ ヒーリングとJゴスペル ~

   2010年6月12日(土)18:30~20:30

   場所 東京アンテオケ教会
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-09 23:00 | ゴスペル

パトモス

a0142760_19481784.jpg 香です。
 私達の教会では、7/9-17 に、
 ギリシャとパトモスに行くチームが派遣されます。
 私は、
 ‘ みこころ(神様の計画・ご意思)だったら、
       行けますように ’ と祈っています。
 教会から遣わされる派遣チームには、
      沢山の恵み祝福と感動があります。
 また、行く前にも恵み・祝福があります。
 それは、祈りの答えを体験することが
出来ることです。 神様から
   ‘ 行くことが、みこころですか ’
     という  祈りの答え を受けることが出来ます。
 神様は、聖書の言葉を通して語られ、
また、実際的な必要(経済や会社のお休みなど)
を満たし、 確認を与えてくださいます。
これまで沢山の祈りの答えがありましたが、私が印象深かったのは、以前、
‘ トルコ・パトモスチームに行くことは、みこころですか ’
と祈っていた時のことです。その時働いていた食品会社の職場に、トルコからお客様が来ました。
トマトのホール缶の営業に来たとか。その会社の方に、トルコからお客様が来たのは、それが最初で最後と聞いています。
また、その時、会社の社長の奥さまにも、派遣の為のお金をいただいたことも感謝な思い出です。
教会のホームページにも載っていますが、以下から、パトモスチームの様子をご覧になれます。

http://www.youtube.com/watch?v=sVNuDy7J4ls&feature

『何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、
これこそ神に対する私たちの確信です。   - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-05 20:38 | 日記

シンガポール

a0142760_18523424.jpg香です。
み声新聞に、記事を書いて、神様を信じたばかりの時を思い出しました。
卒業間近に、クリスチャンの学生の集まりに参加し、仲良くなった女の子に、
  「シンガポールでクリスチャンの集まりがあるので、一緒に行こう」
と誘われました。いろんなセミナーもあったので、
父に、
 「シンガポールでクリスチャンの集まりがあるのだけれど、行っていい?会社を海外で立ち上げる為のセミナーもあるし。」
と言いましたら、父には、
「働き始めたばかりで、何をばかなことを言ってるんだ?だいたい、お金はどうするんだ。絶対にダメだ!」
と怒られてしまいました。
神様をまだ信じていない父がそう言うのは、当然ですし、クリスチャンであったとしても、普通に考えたら、父の言う通りだと思います。しかし、私はその時、思いました。
  “あれ?どうして?神様の導きだと思ったのに。やっぱり神様がいると思ったのは、間違えだったんだ。神様、神様は生きているんじゃなかったんですか”
会社の流しのところでそう思った瞬間でした。近所の会社の社長さんが、父の会社に入って来ました。そして、突然、父に言いました。
「これからは、アジアの時代だよ。シンガポールに会社を作ろうと思っていてね。シンガポールに行くなら、うちでお金を出すよ。」
私のところまで、その声は聞こえて来ました。社長さんが帰り、びっくりしている私に、父が言いました。
「香、シンガポールに行って来なさい。お金は会社で出すから。」
 ‘ 神様は本当にいるんだ ’と体験した1番最初の出来事でした。それから、神様と共に歩む私の人生が始まりました。私が一歩踏み出してから、神様を信じ続けるようにしてくださったのは、神様ご自身です。あわれみ深い神様をほめたたえます。
a0142760_1854618.jpg
  『あなたこそは私のすわるのも、
    立つのも知っておられ、
    私の思いを遠くから読み取られます。
                    -聖書 -』

   『二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。
     しかし、そんな雀の一羽でも、
    あなたがたの父のお許しなしには
            地に落ちることはありません。
    また、あなたがたの頭の毛さえも、
               みな数えられています。 
                     - 聖書 -』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-05 19:00 | 日記

孤独

a0142760_2343076.jpg


  ‘私の居場所がない’ ‘わかってもらえない’ など、孤独を感じている方は、おられますか?

 イエスキリストは、ご自分のことをこんなふうに言われました。

    「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」 

神の御子であるイエスキリストが、この地上に人の子として来られ、言われた言葉です。

    あなたの孤独感や行き場のない心、人には理解出来ない心を、本当に理解し、
    埋めてくださる方がおられます。
a0142760_2310256.jpg
  『すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
   わたし(イエスキリスト)のところに来なさい。
    わたし(イエスキリスト)があなたがたを
       休ませてあげます。   - 聖書 - 』

                                                           







                          KAORI
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-02 23:19 | 日記

み声新聞

a0142760_19374319.jpg
 香です。
 3/27 に、このNIJIのブログにも
 書きましたが、
    ‘ゴスペルの集い’ 
 というのが、
 教会でありました。
 その時、NIJIのメンバー
 として出ていた私は
 少しお話をさせて
 いただいたのですが、
 その‘ゴスペルの集い’に、
 み声新聞社の方がおられ、 その時の話を記事に書いてください、と頼まれ、書きました。
 最新号 2010年6月6日号(第574号)に載っております。
そして、記事は以下のアドレスのところから買えます。他に、沢山、面白い記事や、お料理の役立つ記事や、ためになる記事など載っておりますので、ぜひ、ぜひ、お買い求めくださり、読んでいただけたら、幸いです。1部200円です。

http://www.mikoe.co.jp/a0142760_1943728.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-02 19:47 | 日記