jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

HARIBO SCHNECKEN

a0142760_20542782.jpg
香です。

上の写真はなんだと思いますか?



ヒント;ゴムではありません。

答えは、ドイツのお菓子です。下の写真は、このお菓子が入っていた袋。
袋の裏の原料に甘草(カンゾウ)と書いてありました。お砂糖が入ってないのに、甘くてお薬の味したので、この甘草が甘いのだと思うのですが・・・。ドイツはお茶とかお菓子とか、体に良さそうなのが多いように思います。継母のヨハンナさんも子供の頃、よく食べたそうです。
a0142760_20571162.jpg

[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-21 21:00 | 日記

小さなこと

a0142760_18241371.jpg香です。
今日は、日曜日によくある、小さな嬉しいことをご紹介します。

一つは、私は、毎週日曜日や奉仕がある時は、
神様に祈ります。

‘今日は何を着たら良いですか?’

18日の日曜日、茶色の服が示されたので、
茶色の服を着て行きました。
その日は、第2礼拝で、NIJI は、特別賛美の
奉仕があったのですが、
NIJIのKEIKOさんも茶色の服!
まるで相談して決めたかのようでした。

もう一つは、毎回、礼拝の中で、預言が語られるのですが(※)、18日日曜日の朝、神様に祈ったことの答えが、預言を通して神様が語られました。

小さなことですが、神様が私のことを知っていて、私を愛してくれていると、感じます。
すごく嬉しいです。
a0142760_19174183.jpg
     ※預言は、必ず、吟味が必要です。
     また、必ず教会の管理と秩序の中で
            用いなければなりません。
 


  『わたしは、あなたがたに悟りを与え、
              行くべき道を教えよう。
    わたしはあなたがたに目を留めて、
             助言を与えよう。 - 聖書 -』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-21 19:26 | 日記

天でも

a0142760_17402287.jpg
香です。
少しですが実家に帰って、さらにさらに強く思わされたことがあります。
大好きなお父さん、弟、弟のお嫁さん、そして、ヨハンナさんやヨハンナさんのお兄さん、お姉さん、私の家族、親族、友人、知人・・・。皆に本当に天でも会いたいです。
母がすでに待っている天で、再び、皆に会いたいです。
この地上には終わりがあります。
でも、天国は、永遠です。
以前、私はこう思っていました。天国について、あるとか、ないとか、そういうことは私には、関係のないことで、あると信じたい人が信じれば良い。だって、わからないことは、わからないから。
でも、私は、今は、本当に生きて働く神様を体験しています。神様の愛を日々受けています。
人間は、自ら、滅びを選び、神と共に永遠に生きる道を捨てました。
人間を造り、人間を愛してやまない神様は、滅びを選び進んでいる人間を放っておかれませんでした。
神様は、決められました。真実であり、全き清く、完全だからです。ご自分のひとり子イエスキリストを信じる者に永遠のいのちを与える、と。
人が作り出す宗教は、むなしいです。
神様は、今も生きておられ、私達を愛しておられます。私は、生涯、その証人として生きたいです。
クリスチャンになったばかりの人がよく
‘もう、すでに亡くなった大切な人は、天国には行けないのか、1度もイエス様の話を聞いたことのない人は、どうなるんだ’
と言われると聞きます。
私達には聖書に書いていないことは、わかりません。
ただ、はっきりとわかるのは、神様が‘時’に支配されないこと、私の祈りを聞いてくださること。
なので、私は、すでに亡くなってしまった伯父さんのことも祈り、神様に委ねています。
大好きなカイくん、リクくん、ソラくん(写真上)とも、天で一緒に暮らせるように祈っています。

人々が天国へ行くことは、神様の願いであり、神様の愛が注がれているクリスチャンの願いです。
今から400年前に、イエスキリストを信じるがゆえに、処刑された人達の中に、12歳、13歳、14歳の子供もいました。
14歳のトマス(クリスチャンネームで、日本人です)が母親に宛てた手紙には、
「この世は、はかないものでありますから、パライソなる天国の永遠の全き幸福を、ゆめゆめ失わぬようお心がけください。」と書かれていました。
また、12歳のルドビゴ茨木(クリスチャンネームで、日本人)は、「信仰を捨てれば、いのちを助けてやる」と言われ、
「永遠のいのちを、つかの間のいのちには、代えられません。お奉行様、あなたこそキリストを信じて、私と一緒に天国に行きましょう。」
と言いました。
a0142760_18155422.jpg
日本には、このような殉教者達の強い願いと祈りが
積まれています。
4/11日曜日のインターネットTVでは、
ゴスペルと共に、26聖人
(日本で最初の殉教者たち)のことをやりました。
以下から見ることが出来ます。
 http://tokyo.antioch.jp/internet-tv/index.html


『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
                        - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-15 18:20 | 日記

恵み

a0142760_23473163.jpg
香です。
私が実家に帰って来た理由。
それは、神様が与えてくださった最高の私の弟のお嫁さんが、私の父を心配してくれ、連絡をくれ、
それで、私は初めてヨハンナさんだけがシアトルへ行っていて、父は家にいることを知りました。
で、ご飯を作ったり、掃除やら洗濯をする為に、私は実家に帰りました。

火曜日の朝、父は私の洗濯物も洗濯していました。
火曜日は、わんこ達と甥っ子に会いたくて、お嫁さんに迎えに来てもらって、弟の家に行き、父と一緒に弟のお嫁さんにお夕飯をご馳走になりました。今日(水曜)は、仕事を終え、実家に帰ると、父が夕飯を作ってくれました。そして、なんと!私が1番好きな‘すいか’、それといちごまで、買っていてくれていました!
父は、とっても嬉しそうでした。

私は今日も、神様にお祈りしました。
「愛する天のお父様、お父さんをありがとうございます。Sくん(弟)をありがとうございます。(弟のお嫁さんの)Mさんをありがとうございます。Aくん(甥っ子)をありがとうございます。ヨハンナさんをありがとうございます。私の家族をありがとうございます。天のお父様、あなたがいつもいつも私の家族を愛して、守ってくださっていることをありがとうございます!お祈り出来る恵みをありがとうございます。」

神様がお父さんを通して、こうやってなんにも出来なくても、私を愛してくれていることも教えてくださっているように思いました。
神様と、お父さん、弟、弟のお嫁さんに今日も感謝しました。

『人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。    - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-15 01:26 | 日記

おまけ

a0142760_22514753.jpga0142760_22525939.jpg















香です。
今日、撮りました。
私の大好きな大好きなカイ、リク、ソラ。
そして、3匹とまるで兄弟のように、すくすく育っている私の愛する甥っ子です。 

『主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ。彼に身を避ける者は。   - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-13 22:54 | 日記

祈り

a0142760_2220415.jpg香です。
昨夜、実家に帰って来ました。
継母のヨハンナさんのお姉さんが癌で、ヨハンナさんは、シアトルへ行っているからです。

私は、本当は、今、私達の教会から派遣されているチームがアメリカに行っているので、そこに行って欲しいと思っています。チームは、今日は、ロス、そして、その後、デンバー、NY、ハワイに行きます。
私達の教会では、沢山の癒しが起こっています。

私は今日は、神様に心から感謝しました。
もし、神様を知らなかったら、自分には何も出来ないので、かわいそうと思うだけです。
でも、今の私は、本当に生きて働く神様、天のお父様に、祈ることが出来るからです。

a0142760_22263772.jpg
   『求めなさい。そうすれば、与えられる。
    探しなさい。そうすれば、見つかる。
    門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
    だれであれ、求める者は受け、捜す者は
    見つけ出し、たたく者には開かれます。
    あなたがたも、自分の子がパンを下さいと
    言うときに、だれが石を与えるでしょう。
    してみると、あなたがたは、
    悪い者ではあっても、
    自分の子どもには良い物を与えることを
    知っているのです。とすれば、なおのこと、
    天におられるあなたがたの父が、どうして、
    求める者たちに良いものを下さらないことが
     ありましょう。   - 聖書 - 』

〈写真は、今日、遊びすぎてお疲れの、(左から)ソラ、カイ、リクです〉
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-13 22:43 | 日記

賛美

a0142760_19593085.jpg香です。
今日は暖かい日でした。
昨日も一昨日も寒く、4月になったのになぁ、と思っていたのですが。

 ところで、3月が決算の会社は沢山ありますが、
 私が働いている出版社も3月が決算です。
 決算のための仕事をしながら思いました。
 私は、天にいった母に代わって、父の会社の経理を
 していたことがあります。
 あの頃は、クリスチャンになったばかりだったのです
 が、経理の仕事が嫌で嫌で仕方がありません
 でした。 おまけに、会社でも家でも一緒の父とは、
 よく大喧嘩をし、家出 (?と言っても、車に荷物を
 詰め込んで、しばらく教会に行くだけですが。)
 をしていました。 しかし、教会に行き、神様の愛に触れて行くうちに、自分の罪がわかるようになり、父に土下座をし謝り、びっくりされたことを思い出します。仕事に関しては、私の性格上、いつもどんぶり勘定で、お金の細かい計算が苦手な私は、お金が足りなければ、自分で足したりしていました。が、しかし、今ではすっかり細かい計算も好きになり、‘(人の目ではなく)神様の前に忠実でありたい’という思いから、いいかげんなことが出来なくなりました。あれから約13年も経ちました。
・・・というわけで、ここ最近は、仕事が忙しく、ブログも久しぶりになってしまいました。

今日は、こんなことを思いました。
以前、TVで見たのですが、数々の有名なミュージシャンを世に出して来て、その人がプロデュースすると売れる、と言われている音楽プロデューサーの人が、しゃべっていました。
‘いつもどんなふうに仕事をしているか’という問いに対する答えです。
売り出すミュージシャンの方に、いろいろ私生活の話を聞くそうです。
なぜなら、単に歌のうまい人では、人の心に触れることが出来ない。人に感動を与え、人の人生に影響を与えるような歌を歌うには、その人の私生活でどんなことを体験しているかが大きい。その体験が歌に出て、人々の心に触れる、というようなことを言われていました。

私達クリスチャンが神様に向かって歌う歌を‘賛美’と言いますが、人ではなく、神様が、賛美を通して、人々に触れたら、どうでしょうか。
本当に、人生を大きく変えることが出来、病をいやし、人々の魂を救い、本物の愛で私達を満たしてくださる、そんな神様の愛に、賛美を通して触れていただきたい。そう思いました。
a0142760_2046692.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-10 20:59 | 日記
johnです。

昨日久しぶりにブログ更新したのはいいのですが、タイトルとまったく違う内容を書いて終わっていました。
すいません。ブログを書くまではタイトルにあるように路上ライブのことを書くつもりが、そこまでいかずに
書き終わり、更新してしまいました。007.gif007.gif007.gif

と言う訳で「新宿路上ライブ2」です。

NIJIは毎月1回、新宿のハイアットホテルで「東京カリスマ聖会」が行われとき、必ず、新宿西口公園で路上ライブをしています。午後3時半から約1時間くらいです。

いつもは、そこまで人は多くはないのですが、今回は行ってびっくりしました。
花見客がそこらじゅうにいっぱいいるのです。
普段は入ることが出来ない公園の真ん中のスペースも開放されていれ、回りは人、人、人、人・・・・・・

そんな多くの方々が花見をしているところで路上ライブスタートです。
最初は、ちょっと緊張しましたが、歌い始めたらその緊張もとれ、アカペラでしたが大胆にやすらぎの歌を
思い存分歌ってきました。

立ち止まって聞いてくださる方や、手拍子を取ってくださる方もいて、とても楽しく歌わせていただきました。
クリスチャンの方も通りがかり、声をかけてくださいました。

ゴスペルを歌いながら「ここ居るすべての方々が救われるように」を心から願いながら歌いました。

これかも「ひとりでも多くの方にゴスペルを届けたい」という思いでこれからも活動して行きたいと思っています。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-10 19:14 | ゴスペル

新宿西口公園路上ライブ

johnです。

またまた久しぶりになってしまいました。ごめんなさい008.gif008.gif

4月2日の「gospel in Spring」とても祝福されました。
今回のコンサートは裏方さんでした。コンサート直前には近くの高円寺駅前で他のグループと一緒に
路上ライブをしながらチラシ配布を1時間半くらいやりました。

その中で、イベント会社の社長さんとお知り合いになり、今度会うことになりました。
いろんな関わりが与えられて、日本発のゴスペル「やすらぎの歌」がどんどん用いられますように。

johnでした。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-09 18:40 | ゴスペル

昨日のコンサート

a0142760_1711193.jpg香です。
写真は、教会のそばの小学校の桜です。桜をきれいに撮るのは難しいです。

ところで、昨日は、ゴスペルコンサート
‘GOSPEL in SPRING ’   がありました。
以下のアドレスから、昨日の様子を見ることが出来ます。ぜひ、ご覧になってください。どんな様子か、よくわかり、面白いです。

http://www.gospelconcert.jp/photograph/2010spring/

私は、コンサートの会計の担当でした。しかし、販売の担当の方が、前の日の夜に捻挫をしてしまい、代わりに、販売の商品を運んだりいろいろお手伝いすることに。また、当日、電話がかかって来て受付の人が急に来れなくなってしまったので、受付も手伝うことに。
NIJI では、当日、始まる前に路上で賛美して(歌って)、ちらしを配る予定でしたが、私はそちらに行けなくなってしまいました。
NIJI は、他のグループ、‘エウカリスティアス’の方々とかと合同で、路上で賛美して、ちらしを配って来たとのことでした。
私はあっちに行き、こっちに行き、無駄な動きも多く、受付のところにいる時間に遅れてしまったり。いろんな人に助けていただいて、本当に助かりました。感謝致します。
今度は、こういったコンサートにも慣れて、NIJI でも始まる前にしっかり路上で賛美したいと思います。
私は、前回の‘GOSPEL in Christmas ’の時より、倍の数、歌集『やすらぎの歌』が売れたので嬉しかったです。(‘やすらぎの歌’の歌集は、1集~9集まで出ています。CDもあります。)
今回、コンサートに来ることが出来なかった方は、ぜひ、次回のコンサート、‘GOSPEL in SUMMER ’にいらしてください。お待ちしております。
a0142760_17123322.jpg
    『いつも喜んでいなさい。
    絶えず祈りなさい。
    すべての事について、感謝しなさい。
    これが、キリスト・イエスにあって神が
         あなたがたに望んでおられることです。
                      - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-04-03 14:19 | コンサート