jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

GOSPEL in SPRING

a0142760_19255435.jpg

香です。
今週の金曜日は、ゴスペルコンサートがあります!
今回、NIJI は、裏方でがんばります。
素晴らしいコンサートですので、ぜひぜひ、いらしてください。

        2010年4月2日金曜日
        『GOSPEL in SPRING』 
   
        場所 : 座・高円寺
        時間 : 19時開演

詳しい内容は、以下をご覧ください。
 http://www.gospelconcert.jp/
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-31 19:38 | コンサート

ゴスペルの集い

a0142760_1658536.jpga0142760_16582769.jpg















香です。
今日は良い天気です。
写真は、今日教会に行く途中で見た木蓮(左)と近所に住んでるちびちゃんです。
今日は、夕方の6時30分から、‘ゴスペルの集い’があります。
NIJI は3曲賛美します。(歌います。)今日は、曲と曲の間に、私が少しだけお話する時間があります。‘何を語ったら良いでしょうか’と神様に祈りました。
祈っていて思いました。いつも思うのですが、神様が何かなさる時は、1つの問題の解決と同時に、いろんな面でいっぺんにものすごく沢山の祝福と恵みがあります。あっちからもこっちからも。
神様は、人には出来ないことが出来、状況を動かし、人を動かし、私達が思う以上の最善をあたえてくださいます。それと同時に、この点(他の沢山の恵み・祝福がついてくる点)でも、人と神様では、全く違うなぁ、と改めて思います。
イエスキリストを信じて、神様と共に歩むようになってから、私は1度も裏切られたことはありません。
a0142760_1714561.jpg
今日の‘ゴスペルの集い’は、
 
  時間 18時30分~
  場所 東京アンテオケ教会
 

です。ぜひ、お越しください。

『彼(イエスキリスト)に信頼する者は、失望させられることがない。 - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-27 17:20 | ゴスペル
a0142760_1771778.jpga0142760_1775081.jpg
















香です。
上の写真は、いつも駅に行く途中で、見かける犬達です。
2匹で仲良そうです。
年を取る、ということは、人間でも動物でも、少しせつなく感じることがあります。
クリスチャンになって、嬉しかったことの一つに、以下の聖書の言葉があります。

『あなたがたが年をとっても、わたし(イエスキリスト)は同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたし(イエスキリスト)は背負う。わたし(イエスキリスト)はそうしてきたのだ。なお、わたし(イエスキリスト)は運ぼう。わたし(イエスキリスト)は背負って、救い出そう。    - 聖書 - 』

自分に力がなくなればなくなるほど、神様が共にいてくださるのがわかる今は、私は自分のことに関しては、年を取るのも楽しいです。

ところで、前前回(3/20)の続きです。
私は、高校生の時、‘人間のしるし’という本を読んで、自分の中にある冷たい、残酷な心に目を向けました。そして、過去のことがらを思い出しました。
小学校の2年か3年の時です。両親が子犬をもらって来てくれて、飼うことになりました。動物が大好きな私は嬉しくて、いつも子犬のそばにいました。ある時、子犬を30cmくらいの高さがある花壇を囲むブロックのところに置きました。すると、子犬が鳴いていました。怖くて鳴いていたのですが、私はそれをただじーっと見ていました。子犬は、そこから落ちて、足に怪我をしてしまいました。(骨折か捻挫か、どちらか覚えていません。)父が、気づき飛んできて、「怖くて鳴いてたんだよ。」と言っていました。その後、子犬の足は、動かないように割り箸がくくりつけられ、なんとも痛々しかったです。
私は、大好きな子犬の鳴くのをじっと見ていた冷淡な自分の心と、子犬の足に自分が怪我をさせてしまったことがものすごくショックでした。
そのことを思い出しました。
思い出せば、小学生の時、周りには、随分残酷なことをする子達がいました。ザリガニを道路に投げて、車に引かれるのを見ている子とか、蛙のおしりにわらを入れて、息を吹き込んで破裂させる子とか・・。
ただ、‘ひどい’と思うだけで、私は違うと思っていたし、全部人事なので、それほどショックは受けませんでした。

よく残虐なことをしてしまう原因に、‘虐待を受けていた’ということが指摘されますが、(周りの子のことはわかりませんが)私は虐待を受けていません。
冷たい心は、私の中にもともとあるもので、潜んでいるものです。

私はそれから、誰もがやるように、そういう自分の暗いところには目を向けず、気にかけず、普通に日々の生活を送りました。
また、もともと動物が大好きでしたが、私の動物好きに拍車がかかったのは、一つにそういう理由があります。人間のそういう暗い、汚い、嫌な部分を、動物は持っていない。
そういえば、小学校の時、学校の野外授業で、牛舎に行ったことがありました。その牛舎で働いてるおじさんが、言ってました。「人間は、人を裏切るけれど、牛は絶対に裏切らない」。印象的でした。

そんな私が、クリスチャンになったばかりの時、通信で聖書の勉強を始め、最初の質問は、
「動物は死んだ後、どうなるのですか?天国へはいけないのですか?」でした。子供のような質問です。返ってきた答えは
「聖書には動物が死んだ後のことは書いていないので、わかりません。」
ということでした。
でも、聖書に、未来のことについて、以下のことが書いてあります。‘いつ’ということは、今はまだわかりませんが、天国でのことだったらいいなぁ、と思います。
今、私達の見えるところは、罪ある人間が作り出した世の中ですが、神様は本来、以下の聖書の言葉にあるような世界を作られたのではないかなぁ、とも思います。

『狼は子羊とともに宿り、ひょうは子やぎとともに伏し、子牛、若獅子、肥えた家畜が共にいて、小さい子どもがこれを追っていく。
雌牛と熊とは共に草をはみ、その子らは共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。
乳飲み子はコブラの穴の上で戯れ、乳離れした子はまむしの子に手を伸べる。
わたしの聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである。                   - 聖書 - 』

                                                   <続く>

a0142760_1793828.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-26 19:41 | 日記
a0142760_14125741.jpg香です。
今日のおやつは、ストループワッフルとひよ子です。
(左の写真)
ストループワッフルは、オランダのお菓子で、クッキーみたいなワッフルの中にキャラメルが入ってます。
食べ方の紙がついてました。カップの上に乗せるとのこと。キャラメルが溶けておいしいです。

それぞれ、一緒に働いているスタッフの方が持って来てくださいました。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-26 14:16 | 日記

人間のしるし

a0142760_13201326.jpga0142760_13223062.jpg















香です。
今日はとても暖かいです。
右上の写真は近所に住んでる‘ちびちゃん’です。以前、ちびちゃんは、私を見つけるとすぐに、遠くからでも走って来て、すり寄って来てくれました。そして、私の膝の上に乗ったりしてました。ところが、私が忙しかったので、ちびちゃんに構わず近くを通り過ぎることが続き、今では、私が近くを通ってもすっかり無視されるようになりました。今日もちびちゃんは、「気持ち良く外で寝ているので、放っておいてくれ」という感じでした。

ところで、最近思うことがあります。
私がどうして、NIJI で賛美をしているのか(歌っているのか)、ということにもつながるのですが、沢山あって1度には書ききらないので、何回かに分けて書かせていただこうかと思っています。

今までもいろいろ書かせていただきましたが、まず、私がどういう気持ちで、NIJI で賛美をしているか(歌っているか)といいますと、‘神様の愛に触れて欲しい’という思いでやっています。

では、どうして、神様の愛なのでしょうか。人の愛をテーマに歌っている歌は、世の中に沢山あります。人を思う人の愛ではなく、なぜ、神様の愛なのでしょうか。私がクリスチャンになって、宗教活動しているから、神様の愛にこだわる、という人もいるかもしれません。それぞれの意見があったとしても、少し立ち止まって考えるきっかけになったら、と思いつつ、以下、書きたいと思います。

人の愛についてですが、私達の目には、人の愛は素晴らしく見えますし、それこそが、大切だと思えます。もちろん、人の愛は、素晴らしいものと思います。
しかし、人から出るもの、人が作り出すものは、不完全です。
その不完全なのが人間くさくて良い、と言われる人もおられるかもしれませんが、人の不完全な愛しか知らないということは、一歩間違えば、狂気の世界の中で生きることもあると私は思います。
‘確かに、世間では、変な事件も多いし、何かのきっかけで、歪んだ愛情や、憎しみへ発展したりすることも、あるかもしれないけれど、狂気とまでは・・。’と言われる方もいるかもしれませんが、
普通の生活の中で、音楽や映画やマンガや小説やドラマなどで、狂気の世界に身をおくことを楽しんでいることはないでしょうか。または、それを求めている心がないでしょうか。精神の安定を損なわない程度に。問題にはならなくても、罪悪感はなくても。
そして、生きている時代が違ったら、場所が違ったら・・どうでしょうか。

私は、高校生の時、『人間のしるし』という本を読みました。
この本をインターネットで調べましたら、本の紹介のところに、
 
‘発覚すれば確実に銃殺.ナチ・ドイツ占領下で非合法出版に携わるジャン.かつては彼も世界の動乱の中で安物の幸福だけを願っていた.本当の愛を得るために闘う《人間》を描く「アンガージュマンの文学」の傑作.’

と書いてありました。私がこの本を読んで、私の中に鮮烈に残ったのは、人の愛ではなく、ある一場面の描写です。
人が他人の家に押し入り、残虐に人を殺して、その残虐な殺しをしたその後にその家で、ピアノを見つけ、ピアノを弾きます。残酷なことがなされた後、静まりかえっている辺り一面に、ピアノのきれいな旋律が響き渡る描写です。残虐な人が、残虐なことをするのではなく、きれいな音楽を愛する普通の人が、するのです。
私はそこに恐怖を覚え、また、自分の内側に冷たい、残酷な心がないだろうか・・と思いました。
                                       <・・・続く>

『私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。        - 聖書 - 』
『「わたし(神)はあわれみは好むが、いけにえは好まない。」とはどういう意味か、行って学んで来なさい。わたし(イエスキリスト)は正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」 
                                     - 聖書 - 』
『それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。 - 聖書 -』
『律法によって神の前に義と認められる者が、だれもいないということは明らかです。「義人は信仰によって生きる。」のだからです。            - 聖書 - 』
a0142760_18232282.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-20 14:39 | 日記
a0142760_18581728.jpg香です。
左の写真は、教会の近所にいる‘ちびちゃん’です。
今日は、暖かい日で、ちびちゃんも外で気持ち良さそうにしていました。

ところで、明日、3月14日(日)は、新宿の
‘ハイアットリージェンシー東京’で、東京カリスマ聖会が行われます。
17時から第1セッション、ヤング賛美大会関東予選が行われます。
またオンラインでも流されます。
私達、NIJI も第一セッションで出ます。ぜひ、ぜひ、会場までいらしてください。
今日は、教会では、18時30分から、
  いやしの集い ~ ヒーリングとJゴスペル ~
                    が行われています。
私は、3,4日くらい前から、花粉症になったらしく、ずーっと鼻水が出ていて、目が時々かゆくなり、頭痛がありました。
今、この‘いやしの集い’が行われている会堂の上の階の教会事務所にいるのですが、ここまで
Come&Worship(カム&ワーシップ)の賛美が聞こえて来ました。下の賛美を聞きながら仕事を
していましたら、鼻水が止まり、頭痛が治りました。目もかゆくないです。

ぜひ、‘いやしの集い ~ ヒーリングとJゴスペル ~’ にもいらしてください。毎月第2土曜日にやっています。

『彼(イエスキリスト)は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼(イエスキリスト)への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼(イエスキリスト)の打ち傷によって、私たちはいやされた。   - 聖書 - 』

『御手を伸ばしていやしを行なわせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行なわせてください。  - 聖書 - 』

『イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。   - 聖書 - 』
a0142760_1927592.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-13 19:35 | ゴスペル

奇跡

a0142760_18255126.jpg香です。

今日は、ものすごく嬉しいことがありました!

今日の夜は、NIJI の練習なのですが、仕事が全然終わりません。
昨日の続きの仕事などをやって、その後、昨日急に入った注文があって、小冊子600冊を発送しなければいけないと思って、時間を見たら、5時です。夕方の。
なので、小冊子の発送をする前に祈りました。
“どうか、1時間で終わりますように、助けてください。宅急便の人が早く来てくれますように”

600冊、ただ、数えて送るのならすぐ出来るのですが、10冊ずつ、透明のビニール袋に入れて、空気を抜いてテープを貼って、納品書を入れて発送です。しかも!私は、とても不器用で、人の3倍くらい、いつもかかります。一人でやらなければならなくて、普通に考えたら、絶対に終わらない、と思い、神様にすがる思いで、祈って始めました。


5時15分から始めて、袋詰めをして、箱に入れて、宅急便の人に渡して、時計を見たら、6時15分でした!
私にとっては奇跡です。
宅急便の人は、なんと、電話をして3分で来てくれました。
今までで、そんなことはなかったです。

いつも、あわれみ深い神様に感謝します!
NIJI の練習に行ってきます。


『何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。   - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-11 18:42 | 日記

本当の強さ

a0142760_23101245.jpg香です。
2/25-27の白馬キャンプ以降、私はとても元気に
なりました。
感謝します。
そして、いい気になって、張り切って仕事をし過ぎました。今まで後回しにしてきた仕事を一気に片付け始め・・・連日夜中の2時過ぎに家に帰りましたら・・昨日のお休みの日には疲れて、沢山寝てしまいました。
夕方、外を見たら、雪が降っていてびっくりしたのですが・・。
元気になったら、仕事に関して祈りがおろそかになってました。祈りを優先にした時の方が同じ時間で仕事の量は増えるのです。
改めて、神様は、一つ一つ、その人に1番わかりやすい方法で、教えてくださるなぁ、と思いました。

子供の頃、すぐにいろいろ心配したり、よく落ち込む私に、母は、‘なんにもなくても、たとえ、お金がなくても、どんな困難な状況になっても、健康で生きていれさえすれば、どうにだってなる!どうにかなるんだよ。’
と言っていました。体が資本、なんていうのもよく聞きますが、力強い母でした。
母が病気になった時、‘生きてさえいれば。’と言っていました。

私は、今は、思います。
イエスキリストを信じて、神様を知ったならば、必要なのは、祈りです。
祈りさえあれば、何があってもなくても、神様が私達の内側を喜びで満たしてくださいます。
祈りさえあれば、生きて働く神様が状況を動かし、あらゆることを用いて、祈りに答えてくださいます。
病気であろうと、元気であろうと、命があろうと、天に召されようと、全てが無意味で終わりません。
なぜなら、

『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。』

という聖書の言葉は、真実だからです。


どんな小さなことでも祈ることが本当に大切と思います。
小さく弱い者でも、神様と一緒なら、強くなれるのです。
人の強さには、限界があります。
しかし、神様にある強さは、限界がありません。



『小さい者たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが御父を知ったからです。父たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが、初めからおられる方を、知ったからです。若い者たちよ。私があなたがたに書いて来たのは、あなたがたが強い者であり、神のみことばが、あなたがたのうちにとどまり、そして、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからです。                   
                                      - 聖書 - 』
a0142760_23413849.jpg

[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-10 23:47 | 日記

路上

a0142760_17301093.jpg
香です。
上の写真は、昨日、路上で賛美した時の NIJI +ルっちゃん の写真です。
途中で、ペテロ藤井さんが教会のお仕事のため抜けて、ルっちゃんが入って賛美していたところ、教会のOさんが通りかかって撮ってくれました。
この場所は、マイクなしでも響くので、遠くまで聞こえます。いつも、道路を挟んだ、向かいの通りを歩いている方々が、立ち止まって聴いてくださいます。
路上で沢山賛美して、ちゃんと出来る曲数を増やしたいなぁとも思っています。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-08 17:43 | ゴスペル

ヤング賛美大会

a0142760_13192083.jpg香です。
2/28に行われた
‘ヤング賛美大会東京アンテオケ予選’ が
東京アンテオケ教会のHPから見れるようになりました。
下のアドレスからぜひ、ご覧になってください。インターネットTV と書いてあるところをクリックすると見ることが出来ます。 
http://tokyo.antioch.jp/  
子ども達、いつもは、ちゃんと神様に心を向けて歌っているのですが、‘賛美大会’なので、大勢の人達の目が注がれているのに慣れていなくて・・・。
しかし、第一回目です。かわいい子どもたちの賛美をぜひお聞きください。


『みことばに心を留める者は幸いを見つける。主に拠り頼む者は幸いである。  - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-03-06 13:19 | ゴスペル