jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

憎まない?

a0142760_1816211.jpg香です
今日は、Nちゃん(小学生)が、教会に来ていて、近くの駄菓子屋さんに行くというので、一緒に行ってみました。
Nちゃんの「すぐ近くにあるよ」という言葉に、?で。“駄菓子屋さんなんて、あったかなぁ、見たことないなぁ”と思いながら、行きましたら、びっくり。ちょっと奥まったところにあったということもあり、ものすごく近くにあったのに、気がつきませんでした。
土曜日ということもあって、親子で来ていた人もいて、小さなお店が人で一杯でした。写真は、今日買った駄菓子です。

ところで、今日、日本語の聖書には、‘主’と書いてあるけれど、原語には、3種類あって、それぞれ意味が違うというのを読みました。
より深く知るには、知っていた方が(知らないより)良いと思いますが、知らないと意味が全く違ってしまうというわけではないので、問題ないと思います。でも、聖書に、

『わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、わたしの弟子になることができません。』
という言葉があります。
‘憎まない者’?
これは、文化の違いから言葉の使い方が違うために、このような訳になってしまいますが、大切にする順番のことを言っています。神様を第一、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹は、次ですよ。という意味です。

明日は、日曜日です。教会は、神様の言葉がわかりやすく語られるところであると共に、生きて働く神様の特別な‘恵み’‘祝福’があるところです。

『神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、教会にお与えになりました。                    - 聖書 - 』

a0142760_18172069.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-30 21:05 | 日記

海(カイ)くん

a0142760_1051964.jpg
香です。
うちの極悪トリオ(?と家族は呼んでいます。)、最後に登場するのは、 ‘海 (カイ)’ です。写真の1番左です。
カイくんの写真だけ手元にありませんでした。しかも、季節外れ、夏の写真でした。
カイは、リクの(血のつながった)お兄さんです。2週間ほどですが。不器用で、目の前のことしか考えない‘リク’と、真逆の性格なのが、‘カイ’です。気転がきき、器用です。そして、1番人気なのも、カイ。いつも猫好きな人にとても好かれます。
性格だけでなく、猫のように身軽なとこも、猫好きな人に好かれる要因かもしれないのですが、それが裏目に出て、以前、椎間板ヘルニアになりました。高いところに登り過ぎたのです。
下半身が座った状態で動かなくなり、震えていました。お医者さんに連れていったら、‘椎間板ヘルニアです’と言われ、大きい病院で手術しないと治らない、と言われました。「椎間板ヘルニアの手術で有名な埼玉の大きな病院を紹介するけれど、手術をしたからと言って、必ず治るとも言えないんだよね」とも言われました。また、痛みで震えていると言われ、本当にショックでした。
そして、私は一生懸命祈りました。確か、2週間(もっとかな?)、カイの腰に手を置いて、毎日、毎日。
祈りによって、カイは完全にいやされ、今も元気で走り回っています。

『 何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。     - 聖書 - 』

『たとい山々が移り、丘が動いても、わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、わたしの平和の契約は動かない。      - 聖書 -   』
a0142760_11515882.jpg
(写真 雲の平、撮影者:父)
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-29 12:19 | 日記

変わらない真実

a0142760_187824.jpg香です。
右の写真は、大好きな ‘空(ソラ)’ です。
3匹の中で1番若いのに、自分がリーダだと勘違いしているおちゃめな‘ソラくん’です。
泳ぎが得意で、なんと、もぐったりもします。お風呂も大好きで、勢いよくお風呂に飛び込んでます。
嫉妬深く、TVに動物が出ている時、「かわいー」と言うと、遠くにいても走って来て、TVの画面に向かってぴょんぴょん跳ねて吠えてます。普段は、‘しつこい’と飼い主の弟夫婦に怒られるソラくんですが、自分の立場をわきまえていて、どんなに好きなおもちゃでも、甥っ子が持っている時は、絶対に奪おうとしません。

ところで、NIJIの賛美(歌)ですが、私は予選の時の ‘変わらない真実’ という曲を、昨日の夜は、仕事をしながら、何度も何度も聞いてました。今も聞きながら仕事をしていますが、聞けば聞くほど、自分のあらがわかるし、考えれば考えるほど、難しい。音が大き過ぎるとメロディーの邪魔になるし、聞こえないと意味ないし。‘どうやったら、音に厚みが出て、メロディーがきれいに聞こえて、この曲の良さが出るのかなぁ’とか思って、もっとハモリを減らした方がいいかなぁ、とかいろいろ悩んで、はっとしました。
どんなことでもやっている内にぴったり合ってくるものだし、神様の働きなら、なおさら。
生きて働く神様が計画を持って導かれたんだから。
もちろん、ちゃんとアレンジを考えたりするのは必要ですが、賛美隊(※)にとって、神様に言われた時に神様の言われたところへ行き、賛美する(歌う)。その中で神様が、もっとぴったり合うハモリも導かれると思いました。(当たり前かもしれませんが、改めて。)
NIJIは、新しいメンバーになって踏み出したばかりなので、一歩一歩、忠実に神様に従っていきたいと改めて思いました。
また、その為にも、メンバー一人一人とその家族の為にも祈らないと、です。いつも兵庫に行って神様の働きをしておられるjohnさんの為や、家族のことや婦人会のことやラスポーザで大忙しのKEIKOさんのことや、仕事をしながら神様を伝えてるペテロ藤井さん、いつもこころよく奏楽してくださるノア輝美ちゃんとjohnさん&KEIKOさんのご家族。
神様のことは、1つのことをしようとすると、ものすごい ‘おまけ’ が、山のようにくっついて来て、本当に楽しいです。

♪♪ 主よ あなたの心から届く いのちのことばが私を包む
  十字架で私を愛された主よ とこしえに

  今も永久(とわ)に私を愛し続ける変わらない真実
     私は あなたの御手の中で 憩い安らぐ
 
♪♪ 主よ あなたの御座から流れる いのちの水が私をいやす
  十字架で私のために死なれた 主イエスの愛

  今も永久(とわ)に私を愛し続ける変わらない真実
     私は あなたの御手の中で 憩い安らぐ
 
(歌集 やすらぎの歌7集52番 ‘変わらない真実’より)

『いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。- 聖書 - 』

『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして主を愛し、また隣人をあなた自身のように愛する。』ことは、どんな全焼のいけにえや供え物よりも、ずっとすぐれています。     - 聖書 - 』

『人はうわべを見るが、主は心を見る。   - 聖書 - 』

a0142760_18115578.jpg< ※ ・・・賛美隊とは、簡単に言うと、神様に向かって歌を捧げ
                   礼拝し、神様の働きをする部隊 >
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-28 19:39 | ゴスペル

東京アンテオケ教会予選

a0142760_1954614.jpg香です。
左の写真は、私の大好きな‘陸 (リク)’です。
写真だと、黒くて顔がはっきりしません。003.gif
くいしんぼうで、甘えん坊で、真っ直ぐな性格なのですが、小さな子供達には、いつも「恐ーい」と逃げられてしまいます。

ところで、日曜日は、4時から、賛美大会の予選がありました。

(夏に、‘白馬賛美大会’というゴスペルの大会があります。全国、またアメリカとか海外からも、予選を勝ち抜いたグループが参加します。1/24は、その東京アンテオケ教会の予選でした。次は、関東予選があります。)
私は、審査員の方の‘前は、バラバラだったけれど、今回は、まとまっていた’という言葉と、終わってから何人かの人に、‘NIJIは、ひょう変してたね’と言われたのが本当に嬉しかったです。なぜなら、それは祈りの答えだからです。そればっかり祈ってました。‘1つになって聞こえますように。ちゃんと礼拝出来ますように。私が皆の足を引っ張らないように。’

ここからは、ぜひ、

   http://tokyo.antioch.jp/internet-tv/index.html

上記のアドレスから、‘白馬賛美大会東京アンテオケ教会予選’を見てから読んでください。

今回の予選の感想ですが、‘いいなぁ’と思うグループが、沢山ありました。
初めて出るチーム(グループ)も沢山あって、緊張がこちらに伝わって来るチーム(グループ)もありました。終わってから「これから、もっと場数を増やして、人前でやるのに慣れてく!」なんて張り切ってる若い子もいました。楽しみです。
若い子といえば、幼児チーム、小学生チーム。幼児チームは、歌う前から、奥にいたお父さんを見て、「ぱぱー」とDくん。なんともかわいい。それぞれの子達の性格が出ていて、Iちゃんが自信満々で歌っていたのも、かわいかったです。小学生チームは、Nちゃんが男の子が歌うパートの時、(心を合わせる為にわかっていてわざとと思いますが、)小さな声で一緒に歌ったら、Aちゃんが人差し指を立てて、‘シー’とやっていて、子供らしくてかわいかったです。
緊張といえば、Songs、面白かったです。最初、‘あれ?’と思いました。向いている方向が違うのです。私がびっくりしていたら、隣で、まどかさんが「くるくる回るんじゃないの?」と言ったので、「まさか」と言ったら、本当に回っておられました。
人前で賛美する(歌う)のには、慣れるのも必要と思いますが、私は何度やっても慣れないです。性格的な問題でしょうか。今回の予選まで、自分のそういうところが嫌だなぁと思っていたのですが、逆に、その自分の弱いところで、祈りの答えが受けられるので、逆に嬉しいことに変わりました。祈りきることの大切さを学んでいます。
今回、12位までに入らなくても、これから大きく用いられるだろうなぁ、と思ったチーム(グループ)が沢山ありました。回を重ねるごとに、それぞれのチーム(グループ)の特徴というのがもっと出てくるんだろうなぁ、とも思いました。特に、プレイズ、sing for joy が好きです。あと、Believe、F.O.W は、女の子バンドで良くて、Spring Rains も最近がんばっていて、いつも応援してます。
あと、私は、チームアストンと、TeamRID が良かったです。まとまっていて、喜びが来る賛美でした。
そして、私は、宣伝させてくれるなら、私が働いている出版社も出れば良かった、なんて思いました。

以前、他の教会のクリスチャンの方に
「(神様の働きの)賛美に順位つけるなんて(おかしいのじゃないか)。」と言われました。
私も競争は苦手で、そう言った方の気持ちもわかります。しかし、‘神様の思いは、私達の思いをはるかに越えている’と、いつも思わされます。
賛美大会をすることによって、神様に、もっと最高のものをささげたい、という思いが引き上げられ、強められ、また、そうやって、賛美大会目指して祈り、練習することによって、いろんな扉も開かれました。
神様に示されて、始めた結果が、今、すでに‘実’としてあらわれ始めていますが、これから、もっともっと大きな働きになって行くと信じています。

聖書に、

『彼らおよび主にささげる歌の訓練を受けた彼らの同族・・彼らはみな達人であった - 聖書 - 』

とあるように、達人目指して、神様の訓練を受けつつ、がんばりたいと思います。
さらに祈りを強め、みこころのアレンジ゙も考えたいと思っていますので、NIJIの応援を宜しくお願いいたします。
a0142760_1943721.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-27 20:51 | ゴスペル
johnです。

おはようございます。今朝はかなり冷え込みました。
またまた、関西に来ています。今朝着いたのですが、関西の寒いこと、少しの時間外にいただけで、
手足はかじかみ、耳が痛くなりました。この寒さゆえ感謝×10倍×10倍です。

さらに、今日は感謝ことがありました。今朝着いた夜行バスの中に荷物を忘れてきたのです。
ガハハハ・・・・・007.gif007.gif008.gif008.gif

寝ぼけていたせいもあるとおもいますが、実は、ちょっとしたことで気分を害していて、早くバスから降りたかったからです。やはり、感謝をしないでプンプンしていたら本当に良いことありませんね。

気づいたときはすでに電車の中でしたので、最寄の駅に一度降り、ホームで悔い改めと感謝をして、
今、教会事務所です。これからバス会社に連絡します。

ところで、賛美予選(東京アンテオケ教会内予選)は無事6位で通過しました。感謝!!!
今度は、関東予選が2月7日(日)16:30~新宿にあるリージェントハイアットシーホテルの地下で行われます。ご近所の方は生のゴスペルをぜひ見に来てください。
ご近所で無い方はインターネットTVで生中継しますのでそちらでお楽しみください。

また、NIJIのためにもお祈りと応援よろしくお願いします。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-27 09:18 | ゴスペル

明日は賛美予選大会

こんばんは johnです。

今関西です。これから夜行バスで東京に帰ります。
関西で二日間ゴスペルコンサートでした。
そして明日は、7月に行われる「白馬賛美大会」の東京アンテオケ教会内予選です。
nijiはやすらぎの歌7集から(少し古い曲ですが・・・)「変わらない真実」という曲を歌います。
みなさん応援よろしくお願いします。

ところで、先週の土曜は私の長男の結婚式でした。とても祝福された結婚式で本当に感謝します。
ご列席くださった方々やお手伝いしてくださった方々に心から御礼を申し上げます。
この場をおかりして、本当にありがとうございました。


結婚式はJR大塚駅近くのホテルで行われますたが、式場に行く前大塚駅で、関西から結婚式に来てくださったスプレンダーのメンバーの方々が路上ライブを行っていました。

そのとき、一組の親子が聞いていたのですが、女のおこさんが体でリズムを取っていました。
少し声をかけて「踊りをやっているの?踊ってよ」と頼んだら、横で踊ってくれました。
かわいい踊りの私たちもうれしくなりました。(写真)

私も妻と二人で2曲ほど賛美しました。(礼服姿で・・・・)

写真は結婚式の写真と飛び入りで踊りを踊ってくれた女の子です。
a0142760_2103350.jpg
a0142760_211455.jpg

[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-23 21:02 | ゴスペル
a0142760_19591676.jpg
香です。
私は、最近感動していることがあります。
今、お仕事の一つで、アフリカのことを調べているのですが、実は私は子供の頃、アフリカにとてもあこがれていました。きっかけは、‘野生のエルザ’という映画です。知っていますか?この映画。
内容は、ケニアで、人食いとして射殺されたライオンの子供を、動物保護官の夫妻が、エルザと名づけて育てたお話です。
この映画を見て、将来アフリカに行って、沢山の動物と暮らすんだ、と思ってました。おばあちゃんやお母さんに「大きくなったら、アフリカに行って動物の世話をしたい。だから、飼育係りになりたい」と言ったら、なぜが皆に慌てて「飼育係りより、獣医さんがいいよ。獣医さんなら、動物が病気になった時、動物を治せるよ」と言われました。飼育係りを目指されたらまずいと思ったのでしょうか。いずれにしろ、動物がものすごく好きな私には、獣医さんは向いていなかったのですが・・・。
(周りの人にはそんな話をしたことがありません。神様だけがご存知です。)
最近特に思います。教会の働きをするようになって、自分の好きなものを発見したり、過去の経験が生かされたり、好きで手放したことが何倍にもなって返ってきたり。
(私の近くにいる人達も、皆、そう言っています。)
教会とはそういうところです。
そして、なにより、私達、クリスチャンが望むことはなんでしょうか。
神様に礼拝すること。それは、この地上のどんなことにも、比べものにならないくらい、私達を喜びで満たします。

『それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。 - 聖書 - 』

『あなたを造り出した方、主はこう仰せられる。イスラエルよ。あなたを形造った方、主はこう仰せられる。「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
わたしが、あなたの神、主、イスラエルの聖なる者、あなたの救い主であるからだ。
                                       - 聖書 - 』
『私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。
                                      - 聖書 - 』

(写真は、ドイツのオタフ。撮影者:父。)
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-23 20:39 | 日記

スキー・スノボー

a0142760_14503648.jpg
香です。
今日も東京は寒いです。私は寒いのが苦手です。冬といえば、私が育った群馬では、車でスキー場には3時間くらいで行けるので、小さい頃から毎年、親に連れられてスキーに行っていました。よく覚えているのは、父の知り合いが経営しているということで、毎年、‘かもしか風呂’がある大きな旅館に行っていた時のことです。‘かもしか風呂’ とは、その旅館の‘売り’で、旅館で飼っている ‘かもしか’ がお風呂から、見えるようになってました。私はスキーより、かもしかを見る事が楽しみで楽しみで。それがある時、行く気配がないのです。「今年は、かもしか風呂があるとこに行かないの?」と聞いたところ、「経営者が変わったんだよ」と言われました。子供ながらに聞いてはいけないことを聞いてしまったように思い、それから、かもしか風呂のあった旅館のことは口にしませんでした。
そして、心の中では、“夜逃げをしたのだろうか”とか、人ごとではないように思っていました。
なぜなら、私の家は父が会社を経営していて、私は母から、‘もし、会社がつぶれたら、夜逃げをしないといけない’といつも聞いていました。
‘母親の不安は、別の部屋にいたとしても、赤ちゃんに伝わる’ということも聞いたことがありますが、私は母同様、いつでもそんな不安や心配が心のどこかにあったように思います。
ものすごく明るく、気丈で、なんの悩みもなさそうに見えた母。人の心は、本当にわからないものです。

今年、スキーやスノボーに行こうと思っている方、どうせ行くなら、大きなおまけがついてる‘白馬キャンプ’はどうでしょうか。私達の教会では、2月25日(木)~27日(土)長野県の白馬で、キャンプがあり、スキー、スノーボードをされる方も大歓迎です。
http://astone-blog.jp/hakuba/
に詳しく情報が載っています。

『何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。           - 聖書 - 』

『いったい、人の心のことは、その人のうちにある霊のほかに、だれが知っているでしょう。  
                                       -聖書 - 』
『わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」                               - 聖書 - 』

(写真は、湯沢のカタクリ。撮影者:父)
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-23 18:21 | 日記

保障は?

a0142760_16535122.jpg
香です。
昨日は、NIJIの練習でした。
私は忙しくて自分のハモリのパートを作っていなかったので、とりあえず、その場で3度下の音を取ろうとしました。でも、音が取れず。声も出ず。
なにより、最近お仕事が増え、ものすごく忙しく、練習も祈りも時間がなかなか取れず、いっぱいいっぱい。神様に与えられたお仕事は、どれも本当にとても楽しく、NIJIもその一つですが、NIJIのことは後回しに。(わざとじゃありません。)
それで、思いました。
“以前は音がすぐに取れたのに、取れないし、NIJIに入ってから、もともとそんなに出ない声がいっそう出ない。賛美チームを決める時、神様に‘みこころ(※)のチームは大きく用いられる’等々語られたのに、NIJIに入ったのは、‘みこころ(※)’だったのだろうか?”

聖書には、
『すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。』
『目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。』
『絶えず祈りなさい。』
とあります。
神様が私達に望んでいるのは、‘祈り’です。‘祈って、みこころ(※)をする’こと。さらに今教会では、‘祈りきる’ということが語られています。

私は今まで何度も、‘祈ってやる時’と、‘祈らないでやる時’とでの違いを体験していても、ついつい忙しさに流されて・・・。祈れば、時間も神様が与えてくださるのに。あ~・・・感謝します。

NIJIのことについての祈りがおろそかになっていたことを悔い改めました。
また、すぐにうまくいくなら、熱心に祈らない私のことを、神様はよーくご存じです。
NIJIは、祈って確認して、入ったみこころ(※)のチームです。
< ※・・・‘みこころ’とは、神様の計画、神様の思い。>

生きて働く神様を知らなかったら、自分の能力が足りなかったり、状況が閉ざされたら、普通は、それで終わりでしょう。もしくは、それでも努力して、運の良かった人が成功するかもしれません。が、何の保障もありません。
しかし、イエスキリストを信じるものは、幸せだなぁといつも思います。
神様のみここころ(※)だったら、私達があきらめず、神様に言われたことを続けるならば、神様が状況を開き、人間の能力をはるかに越えた神様の力がそこにあらわされるのです。

『私たちの神が、あなたがたをお召しにふさわしい者にし、また御力によって、善を慕うあらゆる願いと信仰の働きとを全うしてくださいますように。
それは、私たちの神であり主であるイエス・キリストの恵みによって、主イエスの御名があなたがたの間であがめられ、あなたがたも主にあって栄光を受けるためです。  - 聖書 -』

教会に行こうとは思っているけれど、時間や仕事や家庭の事情などで行けないと思っている方にぜひお勧めします。
神様は、私達の思いをはるかに越えた大きな愛で、(誰一人例外なく)お一人お一人を愛しておられ、教会に行くことは、どなたにとっても、みこころです。その一歩で人生が大きく変わるかもしれません。ぜひ、教会へお越しください。私達の教会は、毎日、礼拝しています。
(写真上:礼文島のチシマフウロ、下:長野県駒ヶ根市・千畳カール。撮影者:父)a0142760_17343529.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-22 18:43 | 日記

見ること聞くこと

香です。
今日は、東京は曇りです。

会社に来る途中の電車の中で、ふと気がついたことがあります。電車の中に、2歳くらいの子供がいたのですが、私はその子供の声に耳を集中していました。無意識で。
2月に弟のところに子供が産まれたのですが、私は、甥っ子が出来てから、小さな子供がやけに特別にかわいく感じます。
私達は普段、沢山のものを見、また、聞きますが、‘心’次第で、同じものが違って見えることはよくあることだと思いました。
私達が無関心だったり、心を向けていないと気がつかないものがあります。
私が子供だった頃、私の家では、弟が野球をやっていたので、TVは、野球ばかりついてましたが、私はいまだに、野球に関して、さっぱりわかりません。

そういえば、NIJIのjohnさんは、「神がいるなら見せてみろ」と教会に怒鳴り込んで行き、牧師と話している内に、神様に触れられ、涙ながらにイエスキリストを信じたそうです。

今日は夜はNIJIの練習です。

『信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。  - 聖書 - 』

『まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮んだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」          - 聖書 - 』
a0142760_13292381.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-01-21 13:54 | 日記