jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

カテゴリ:日記( 98 )

シフォンケーキ

a0142760_2024345.jpg香です。
 今日のおやつは、シフォンケーキでした。
 スタッフの方からの差し入れです。
 昨日、‘シフォンケーキが食べたいです。’
 と神様に祈っておいて良かったです。
 いつも祈りを聞いてくださる神様と
 持って来てくださった方に
 心から感謝致します。

 明日は、NIJI の練習の日です。
 もしかしたら、johnさんの作詞した新曲の
 練習が出来るかもしれないので、楽しみです。


a0142760_2093466.jpg


『たとい山々が移り、丘が動いても、
わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、
わたしの平和の契約は動かない。」
とあなたをあわれむ主は仰せられる。

                 - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-16 20:14 | 日記

パトモス

a0142760_19481784.jpg 香です。
 私達の教会では、7/9-17 に、
 ギリシャとパトモスに行くチームが派遣されます。
 私は、
 ‘ みこころ(神様の計画・ご意思)だったら、
       行けますように ’ と祈っています。
 教会から遣わされる派遣チームには、
      沢山の恵み祝福と感動があります。
 また、行く前にも恵み・祝福があります。
 それは、祈りの答えを体験することが
出来ることです。 神様から
   ‘ 行くことが、みこころですか ’
     という  祈りの答え を受けることが出来ます。
 神様は、聖書の言葉を通して語られ、
また、実際的な必要(経済や会社のお休みなど)
を満たし、 確認を与えてくださいます。
これまで沢山の祈りの答えがありましたが、私が印象深かったのは、以前、
‘ トルコ・パトモスチームに行くことは、みこころですか ’
と祈っていた時のことです。その時働いていた食品会社の職場に、トルコからお客様が来ました。
トマトのホール缶の営業に来たとか。その会社の方に、トルコからお客様が来たのは、それが最初で最後と聞いています。
また、その時、会社の社長の奥さまにも、派遣の為のお金をいただいたことも感謝な思い出です。
教会のホームページにも載っていますが、以下から、パトモスチームの様子をご覧になれます。

http://www.youtube.com/watch?v=sVNuDy7J4ls&feature

『何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、
これこそ神に対する私たちの確信です。   - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-05 20:38 | 日記

シンガポール

a0142760_18523424.jpg香です。
み声新聞に、記事を書いて、神様を信じたばかりの時を思い出しました。
卒業間近に、クリスチャンの学生の集まりに参加し、仲良くなった女の子に、
  「シンガポールでクリスチャンの集まりがあるので、一緒に行こう」
と誘われました。いろんなセミナーもあったので、
父に、
 「シンガポールでクリスチャンの集まりがあるのだけれど、行っていい?会社を海外で立ち上げる為のセミナーもあるし。」
と言いましたら、父には、
「働き始めたばかりで、何をばかなことを言ってるんだ?だいたい、お金はどうするんだ。絶対にダメだ!」
と怒られてしまいました。
神様をまだ信じていない父がそう言うのは、当然ですし、クリスチャンであったとしても、普通に考えたら、父の言う通りだと思います。しかし、私はその時、思いました。
  “あれ?どうして?神様の導きだと思ったのに。やっぱり神様がいると思ったのは、間違えだったんだ。神様、神様は生きているんじゃなかったんですか”
会社の流しのところでそう思った瞬間でした。近所の会社の社長さんが、父の会社に入って来ました。そして、突然、父に言いました。
「これからは、アジアの時代だよ。シンガポールに会社を作ろうと思っていてね。シンガポールに行くなら、うちでお金を出すよ。」
私のところまで、その声は聞こえて来ました。社長さんが帰り、びっくりしている私に、父が言いました。
「香、シンガポールに行って来なさい。お金は会社で出すから。」
 ‘ 神様は本当にいるんだ ’と体験した1番最初の出来事でした。それから、神様と共に歩む私の人生が始まりました。私が一歩踏み出してから、神様を信じ続けるようにしてくださったのは、神様ご自身です。あわれみ深い神様をほめたたえます。
a0142760_1854618.jpg
  『あなたこそは私のすわるのも、
    立つのも知っておられ、
    私の思いを遠くから読み取られます。
                    -聖書 -』

   『二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。
     しかし、そんな雀の一羽でも、
    あなたがたの父のお許しなしには
            地に落ちることはありません。
    また、あなたがたの頭の毛さえも、
               みな数えられています。 
                     - 聖書 -』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-05 19:00 | 日記

孤独

a0142760_2343076.jpg


  ‘私の居場所がない’ ‘わかってもらえない’ など、孤独を感じている方は、おられますか?

 イエスキリストは、ご自分のことをこんなふうに言われました。

    「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」 

神の御子であるイエスキリストが、この地上に人の子として来られ、言われた言葉です。

    あなたの孤独感や行き場のない心、人には理解出来ない心を、本当に理解し、
    埋めてくださる方がおられます。
a0142760_2310256.jpg
  『すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
   わたし(イエスキリスト)のところに来なさい。
    わたし(イエスキリスト)があなたがたを
       休ませてあげます。   - 聖書 - 』

                                                           







                          KAORI
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-02 23:19 | 日記

み声新聞

a0142760_19374319.jpg
 香です。
 3/27 に、このNIJIのブログにも
 書きましたが、
    ‘ゴスペルの集い’ 
 というのが、
 教会でありました。
 その時、NIJIのメンバー
 として出ていた私は
 少しお話をさせて
 いただいたのですが、
 その‘ゴスペルの集い’に、
 み声新聞社の方がおられ、 その時の話を記事に書いてください、と頼まれ、書きました。
 最新号 2010年6月6日号(第574号)に載っております。
そして、記事は以下のアドレスのところから買えます。他に、沢山、面白い記事や、お料理の役立つ記事や、ためになる記事など載っておりますので、ぜひ、ぜひ、お買い求めくださり、読んでいただけたら、幸いです。1部200円です。

http://www.mikoe.co.jp/a0142760_1943728.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-06-02 19:47 | 日記

白馬キャンプ

a0142760_2324618.jpg


  『わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。
   それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。
                        - 聖書 - 』
  

 香です。
 夏の白馬キャンプが近づいてまいりました。
 左の写真は、去年の白馬キャンプの帰りに
  出た虹です。
 




白馬キャンプの詳しい情報は、以下のアドレスから、どうぞ。
http://astone-blog.jp/hakuba/

7/27(火)     プレキャンプ
7/28(水)~7/30(金) 本キャンプ

    ・7/28 全国ヤングゴスペルグループコンテスト
    ・7/29 全国ゴスペルグループコンテスト

恵み・祝福が、沢山あるキャンプです。ぜひ、いらしてください。
下の写真は、恵みによって(?)、無料で電車に乗っている鳩です。
a0142760_23425143.jpg
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-05-26 23:43 | 日記

幸せですか

a0142760_21453461.jpg

                 ‘私達のところに来て、幸せでしたか?’

a0142760_21474353.jpg
現在、13才のカイ(写真中央)とリク(写真右)。
人間でいうと、68才くらい。
私が弟の家に行くと、昔を思い出すらしく、
‘投げてくれ’とおもちゃを何度でもくわえて来ます。
普段は、寝てばかりいると聞くと、少しせつないです。


犬は飼い主を選べません。

と、言うと、
‘人間だって!親を選べないし、
        変えられない運命がある。’
って言われるかもしれません。
人は違うのです。

あなたを誰よりも愛し、待っておられる方がいます。
ご計画を持って命を与えた神様が、素晴らしい人生を用意しておられます。

a0142760_2239427.jpg 


  『 わたしが与える水を飲む者はだれでも、
          決して渇くことがありません。
    わたしが与える水は、
     その人のうちで泉となり、
     永遠のいのちへの水がわき出ます。
                      - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-05-19 23:00 | 日記

成長

a0142760_11304170.jpg 香です。
  今日は良い天気です。
  ところで、私は弟の家に行く度、
  子供の成長の早さというのに驚きます。

  甥っ子の歩くんには、いつも ‘流行り’ 
  があるのですが、
  帰る度、違う ‘流行り’ があります。

  去年の2月に生まれた歩くん。






a0142760_11342722.jpg



5ヵ月くらいの歩くんの ‘流行り’。
飛行機のように両手を広げ、足をちょっとあげてました。
「すごーい」と私が言うと、鼻をふくらまして、
得意そうに何度もしてくれました。






a0142760_11345824.jpg


   次に行った時の ‘流行り’ は、
   
   手をたたくこと。
   
   なんでも口に入れること。




a0142760_11365455.jpg





 箸置きを口に入れ、

 容器を口に入れ、

 ワインのコルクを口に入れ。





a0142760_11421381.jpg
a0142760_11444484.jpg

















次に行ったら、なんと、自分でパンを食べてました。わざと落としてワンコ達にもあげてました。


a0142760_11514383.jpga0142760_1152812.jpg
















a0142760_11531125.jpg


  次に行った時の ‘流行り’。
  小さなものを指でつかむこと。
  それから、弟の家に絵本があったのですが、
  やっても良いことは、‘YES、YES’、
  やってはいけないことは、‘NO!NO!’
  と書いてありました。
  歩くんは、 、‘NO!NO!’と書いてあることを
  全~部やるとのことでした。
  それは、物を散らかしたり、
  犬のしっぽを引っ張ったり、
  便器に物を入れたり、鼻をほじったり
    などなど・・・(笑)




a0142760_11542537.jpg

1番最近の ‘流行り’。
2つの言葉が言えるようになってました。
 「どうじょ(ぞ)」 と 「じぃチャン」。



私は、歩くんそっくりの幼い頃の弟を思い出し、
‘弟は私が守る’と思っていた、
まるで男の子のようだった自分を思い出します。

人の人生は、あっという間です。
歩くんの行く先には、いったいどんな未来が待っているのでしょうか。
愛する歩くんが、真の神様であるイエス様に出会って、生まれて来た意味を知る本当に幸せな人生を送って欲しいと、私は切に願い、祈っています。
また、両親の愛をいっぱい受けて、すくすくと成長している歩くんを見て、私も神様の前に日々成長したい、と心から思います。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-05-13 12:13 | 日記

ORONERO

a0142760_2071591.jpga0142760_208875.jpg















香です。上の写真はなんでしょう?
左は入れ物。右は中身です。

?・?・?・?・?・??・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?・?

答えは;
イタリアのお菓子です。
「まずいお菓子のベストテンをやったら、絶対にエントリーする」
とヨハンナさん(継母)の息子の未知朗さんに言われ、食べてみました。
「・・・まずっ。にがっ。」
でも体にとっても良いそうです。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-05-12 20:18 | 日記

a0142760_12184874.jpg

『「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。
蒔いているとき、種が道ばたに落ちた。すると、鳥が来て食べてしまった。
また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。
しかし日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。
また、別の種がいばらの中に落ちた。ところが、いばらが伸びて、それをふさいでしまったので、実を結ばなかった。
また、別の種が良い地に落ちた。すると芽ばえ、育って、実を結び、三十倍、六十倍、百倍になった。」
そしてイエスは言われた。「聞く耳のある者は聞きなさい。」

a0142760_12233983.jpga0142760_1232402.jpg















「種蒔く人は、みことばを蒔くのです。
みことばが道ばたに蒔かれるとは、こういう人たちのことです・・みことばを聞くと、すぐサタンが来て、彼らに蒔かれたみことばを持ち去ってしまうのです。
同じように、岩地に蒔かれるとは、こういう人たちのことです・・みことばを聞くと、すぐに喜んで受けるが、 根を張らないで、ただしばらく続くだけです。それで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。
もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです。・・みことばを聞いてはいるが、世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、みことばをふさぐので、実を結びません。
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」
                                                - 聖書 - 』
           
a0142760_12453991.jpg



   ‘みことば’ とは
         ・・・神の言葉である聖書の言葉です。
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-05-06 12:37 | 日記