jgospel(日本語のゴスペル)中心を歌っているゴスペルグループです。


by j-gospel-niji

行く

a0142760_1852547.jpg
香です。
‘西坂の丘’で祈ったことを書きましたが、大切なことを1つ書き忘れました。
それは、Johnさんが、祈ってました。‘NIJI が、イスラエルに行けますように’。
Johnさんは、すでに、聖書の言葉から神様に語られているとのことです。

‘神様に語られた時に、語られた場所へ行く’
このことを通して受ける大きな恵み・祝福があります。
私は、(今所属している)この教会に来てから、初めて知りました。(聖書に書いてあるのは、以前から知ってはいたのですが、このことがこの教会に来てから本当にわかりました。)

聖書には、イエス・キリストが、十字架につけられ、その後、復活して、弟子達の前に現れた時のことが書いてあります。

『すると、イエスは言われた。「恐れてはいけません。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤに行くように言いなさい。そこでわたしに会えるのです。」』

そして、弟子達は、イエスキリストの言われた通り、ガリラヤに行き、そこでイエスキリストに会い、言葉をもらったことが聖書に書いてあります。
普通に考えたら、なにも、ガリラヤに行かなくても、イエス様が最初に現れたその場で語ってくださればよいと思います。しかし、イエス様は、言われたのです。‘ガリラヤへ行くように’。弟子達は、行ったので、言葉をもらうことが出来ました。

クリスチャンになった時、‘神様はどこにでもいる’と教わります。学校でも、家でも、外でも、台所でも、トイレでも。  聖書に、神様は、私達が立つのも座るのも、また、私達の心の中の思いも全てご存知と書いてありますし、聖書のいろいろな箇所から、神様は‘時’‘場所’に支配されない方だということがわかります。 確かに、神様は、どこにでもおられます。

ですが、教会は、特別な場所です。そして、神様に行くように語られた場所へ行くことによって受ける、大きな恵み、祝福があります。
なぜなら、聖書に書いてあるからです。

そして、実際に、いやしを求めている方が、教会に行って、いやされています。
私は、教会で神様に語られ、イスラエルへ行き、アメリカへ行き、ローマ、トルコ、パトモスへ行き、長野県の白馬へ行き、昨日は長崎に行き、そこで神様に言葉をもらい、神様の深い愛で満たされ、沢山の恵み、祝福をいただきました。
聖書の言葉は、真実です。
神様は、お金や状況が全く不可能であったとしても、私達があきらめないで神様に従い続けるならば(信仰の歩みをするならば)、みこころの時に必ず与えてくださいます。

『教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。                - 聖書 - 』

『イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。 信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。
                                     - 聖書 - 』
[PR]
by j-gospel-niji | 2010-02-06 20:00 | 日記